blog

新型コロナウイルスに備えよう

世界的な大流行となっている新型コロナウイルス。身近な人たちの反応をみると、テレビのワイドショーなどを見すぎて必要以上に怖がって、気持ちが落ち込んでしまっている人もいれば、全く何も気にしていない人もいて、受け止め方もそれぞれです。 専門家の方は「正しく怖がる」ことが大切だと述べています。これはとても大切なことだと思います。

自分にできる対策はする

当院では、新型コロナ感染対策としては毎年のインフルエンザ対策と同様に、手洗い、室内の加湿、消毒、換気に気をつけていますが、このような状況ですので、換気と取っ手や手すり等の消毒は、例年以上に気にしております。

マスクは買えないですね。朝、開店前のドラッグストアに並んでいる人を見かけますが、マスクのためなのでしょうか? 施術時には常にマスクを着用しているので、普段からマスクは多めに用意していましたが、早く普通に購入できるようになってほしいですね。

「正しく怖がる」という意味では、新型コロナウイルス対策について首相官邸(新型コロナウイルス感染症に備えて ~一人ひとりができる対策を知っておこう~)や山中先生のホームページ(山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信)など、インターネットを見ると分かりやすく説明されているサイトはたくさんあります。

ウイルスは自ら広まっていくわけではわりません。人間の行動がウイルスを広めるのです。なので、私達一人ひとりが正しく行動することが感染の拡大を抑えることにつながります。どう行動すべきかは先程ご紹介したホームページなどに書いてありますので、そちらを参考にしていただくと良いと思いますが、2つだけご紹介しておきます。

手洗い

手洗いはきちんとしているつもりでも、意外に洗い残しがあるようです。こちらの動画では、正しい手洗いの仕方を紹介しています。赤いインクを石鹸に見立てていますので、どうすれば全部洗えるのかが視覚的に分かりやすいので参考になるかと思います。手洗いの後は水気をしっかり拭き取り、保湿クリームで手を保護しましょう。

密を避ける

首相官邸のホームページには、1.密閉空間、2.多数の人の密集、3.近距離での会話等の密接場面の3つの「密」が合わさると集団発生のリスクが非常に高まると書いてあります。現状では、そのような状況が起こりうる場所へ行くことは避けるのが賢明です。

「密」を避けて外出しましょう。(首相官邸ホームページより)
「密」を避けて外出しましょう。(首相官邸ホームページより)

怖がり過ぎて家に閉じこもってばかりいては、気分も沈んでストレスが溜まるし、体力も低下してしまい、病気に対して本来持っている体の抵抗力も弱まってしまいます。

私は、この前の休日には春日山原始林へハイキングに行きました。天気も良くとても気持ちがよかったです。 正しく怖がりながら、外出して体を動かすことも心がけましょう。

脳の中の痛み -痛み学Note-

昨年11月に父が本を出版しました。
タイトルは「脳の中の痛み -痛み学Note-」(科学新聞社)で、これまで父がカイロジャーナル紙に連載していた痛みに関するエッセイを中心に加筆、修正したものとなっています。

私は、本書の巻末付録のカイロプラクティックに関する英語文献の翻訳や編集作業を手伝いました。
カイロプラクターをはじめとする徒手療法家向けの専門書で、出版部数が少ないため値段も高くなりがちなのですが、できるだけ多くの方に読んでいただきたいという父の希望もあり、編集やデザイン作業を自分たちで行う等の工夫をして可能な限り価格を抑えました。

痛み学という森は意外に深く、私にとって痛みを学ぶことは霧中を彷徨うようなものでしたが、自分の施術に反映するにはどの道を進むべきなのか、本書によってその輪郭が見えてきたような感じがします。

本書の編集に携わった者としても、良い本に仕上がったんじゃないかなと思います。実際予想以上に好評で、このたび増刷されました。
徒手療法に携わる方は是非手にとって読んでいただけたらなと思います。

「脳の中の痛み -痛み学Note-」(科学新聞社刊)

カイロプラクティックについて知られていない14の事実

カイロプラクターで神経生理学者のHeidi Haavik博士は、カイロプラクティックの効果について科学的研究を行っているこの分野の第一人者といえる方です。彼女による啓蒙ポスター「14 Facts You Did Not Know About Chiropractic」には、カイロプラクティックに関する最新の知見などが簡潔にまとめてあります。カイロプラクティック・ケアとはどういうものなのかを知る一助となる素晴らしい内容なので、皆さんにも是非読んでいただきたいと思いました。そこでHaavik先生に許可をいただきましたので、ここに翻訳して掲載いたします。

14 Facts You Did Not Know about Chiropractic
14 FACTS OF CHIROPRACTIC CARE By Heidi Haavik PhD

1職業としてのカイロプラクティックが生まれてから120年ほどになりますが、カイロプラクティックの基礎となる原理自体は新しいものではありません。事実、古代ギリシアや他の古代文明においては、脊椎アジャストメントが医療の一形式として用いられていました。西洋医学の父ヒポクラテスは、「身体構造は医学の基礎である」と述べ、健康における脊椎の重要性について詳しく語っています。

2世界には、約100,000人のカイロプラクターがおり、16ヶ国に40校を超える学校があります!

3カイロプラクターは手当り次第に背骨を調整しているわけじゃないんです!もしあなたがカイロプラクターのもとを訪れたことがあるなら、彼らはあなたの背骨を触診したり、動かしたり、時にはあなたの筋肉の強さがどの程度なのか筋力を検査したり、背骨を押して痛い箇所があるか確認したり、いろいろなことをするのに気づいたことでしょう。最終的に、彼らは調整する脊椎分節を慎重に選択します。カイロプラクターが調整すると決めた脊椎分節は、押してみると筋肉が緊張していたり過敏になっていることがしばしばです。(1,2)そして、その関節には異常な動きが見られます。(3,4)とりわけ、これらの異常は、私達カイロプラクターが椎骨サブラクセーションと呼ぶものの存在を示しています。(5,6)

4脊椎分節が適切に動かない、つまりカイロプラクターが言うところの椎骨サブラクセーションの状態にあるとき、脳が他のすべての感覚情報を認知し応答する過程に、それが実際に影響を与えるようです。(7)

5背骨が正しく動かないときは、脳は背骨で何が起きているのかが見えなくなるのだと考えられます。なぜなら、背骨(椎骨)が正しく動かなければ背骨のすぐそばにある小さな筋肉があまり動かなくなるからです。この小さな筋群は、たくさんの運動センサーを備えているので、いわば脊椎にある脳の「目」なのです。(8-11)

6実に興味深いのは、脊椎が正しく動かない場合、これが脳による脊椎の制御に影響を与えうるだけでなく、脳があなたの腕や脚で何が起きているのかを「見る」ことにも影響を与える場合があります。つまりこれは、カイロプラクティック・ケアによってあなたがよりスムーズに動くことができるようになることを意味します!いくつかの研究では、目を閉じた状態であなたの腕と脚がどこにあるのかを、脳がより正確に認知できるようになることを示しています!(12,13)

7そんなわけで、カイロプラクティック・ケアが脊椎の機能を向上させるのは事実です。(14-19)さらにすごいのは、カイロプラクティック・ケアによってあなたの背骨が動きやすくなるだけではなく、あなたの腕や脚の協調性も向上するのです!(12,13)

812週間のカイロプラクティック・ケアは、あなたが肉体的に具合が良くなる助けにもなります!ある研究によれば、3ヶ月間のカイロプラクティック・ケアは、対照群と比較して被験者の健康に関連した生活の質(健康関連QOL)の身体的側面を改善させました。(13)

9 12週間のカイロプラクティック・ケアは、地域在住高齢者の転倒リスクに関連する感覚運動機能を向上させることも示されています。これは、カイロプラクティック・ケアが老人による転倒の数を減らすのに役立つことができることを意味すると言ってもよいでしょう。またこの結果は、わずか3ヶ月間のカイロプラクティック・ケア後に、被験者自身が身体的な生活の質の向上を体感したことも示しています。(13)

10そのうえ、カイロプラクティック・ケアは、子供や乳児にとっても安全なのです!子供と乳児のカイロプラクティック・ケアが有害事象と関連することはほとんどありません。それが起きるときはいつも、施術後に伴う短期間の筋肉痛です。研究者は、若い患者に有害事象がどの程度起こるのかを、乳児と子供に対するカイロプラクティック・ケアに関連して発表された全ての文献を再調査しました。(20-22)

11カイロプラクティック・ケアは赤ちゃんの夜泣きを減らす助けとなることも示されています!あるランダム化比較試験では、10日間のカイロプラクティック・ケアにおける乳児の夜泣き時間に対する影響について調べたところ、カイロプラクティック・ケアを受けた赤ちゃんの夜泣き時間は、対照群のそれよりもはるかに短くなりました。(23)ケアを受けた赤ちゃんの夜泣き時間はおよそ半分に減少し、ケアを受けなかった赤ちゃんと比較して、10日後の平均は1時間半少ないことがわかりました。その他複数のランダム化比較試験でも、カイロプラクティック徒手療法は乳児の夜泣きを改善させることが示されています。(24-26)夜泣きに悩む親は、カイロプラクティックを試してみることを考えるべきです。なぜなら、それは赤ちゃんとその家族にとって本当の違いを生み出す可能性があるからです。

12脳に話を戻すと、カイロプラクティック・ケアは、脳から筋肉への情報の送り方を変化させることが、いくつかの研究で明らかにされています!(27-28)従って、この研究は全て、カイロプラクティック・ケアがあなたの脳と体のコミュニケーションを向上させて、あなたの体で何が起きているのかを脳がもっと認識することで、体をより良くコントロールできる助けとなることを示めしていると思われます。

13ひとつの研究では、カイロプラクティック・ケアがあなたを強くするとさえ示しています!(29)驚くことに、この研究で観察された中枢神経系での変化は、別の研究で示された3週間の筋力トレーニング後の変化にとても良く似ているものだったということです。(30)それは、カイロプラクティック・ケアが脳と脊髄に強力な変化を起こすことを示唆しています。

14カイロプラクティックの脳への影響を調べた最近のある研究では、カイロプラクターが機能不全の脊椎分節を調整したときには、前頭前皮質と呼ばれる脳の部位に大きな変化が起こることがわかりました。(31)

By Heidi Haavik PhD Haavik Research

文献

  1. Degenhardt et al. J Am Osteopath Assoc. 2005;105(10):465-473.
  2. Schneider et al. JMPT. Jul-Aug 2008;31(6):465-473.
  3. Cooperstein et al. J Can Chiropr Assoc. Jun 2013;57(2):156-164.
  4. Cooperstein et al. Journal of Chiropractic Medicine. 2010;9(3):99-106.
  5. Henderson. J Electromyogr Kinesiol. 2012;22(5):632-642.
  6. Owens E. J Can Chiro Assoc. 2002;46(4):215-220.
  7. Haavik & Murphy. J Electromyogr Kines. October 2012 2012;22(5):768-776.
  8. Boyd-Clark et al. SPINE. 2002;27(7):694-701.
  9. Kulkarni et al. Neuro India. 2001;49:355-359.
  10. Cooper & Daniel. Brain. 1963;86:563-594.
  11. Amonoo-Kuofi. J Anat. 1983;136(3):509-519.
  12. Haavik & Murphy. JMPT. 2011;34:88-97.
  13. Holt et al. JMPT. 2016; 39(4):267-78.
  14. Martinez-Segura et al. JMPT. Sep 2006;29(7):511-517.
  15. Nansel et al. JMPT. 1991;14(8):450-456.
  16. Nansel et al. JMPT. Feb 1992;15(2):99-105.
  17. Schiller. JMPT. 2001;24(6):394-401.
  18. Wood et al. JMPT May 2001;24(4):260-271.
  19. Yeomans. JMPT. 1999;15(2):106-114.
  20. Alcantara et al. Explore (NY). 2009;5(5):290-295.
  21. Todd et al. JMPT. Oct 30 2014.
  22. Doyle. Clinical Chiropractic. 2011;14(3):97-105.
  23. Miller et al. JMPT 2012;35(8):600-607.
  24. Wilberg et al. JMPT. 1999;22(8):517-522.
  25. Hayden & Mullinger. Complement Ther Clin Pract. May 2006;12(2):83-90.
  26. Olafsdottir et al. Arch Dis Child. Feb 2001;84(2):138-141.
  27. Haavik Taylor & Murphy. Chiro J Australia. 2007;37:106-116.
  28. Haavik-Taylor & Murphy. JMPT. 2008;31(2):115-126.
  29. Niazi et al. Exp Brain Res. 2015;233:1165-1173.
  30. Vila-Chã et al. J App Phys. 2012;112(1):54-63.
  31. Lelic et al. Neural Plasticity 2016: 3704964

藤原宮跡のコスモス

先日、藤原宮跡のコスモスが見頃と聞いたので見に行ってきました。良い天気だったので、心地よい虫の音をBGMにのんびりとした時間を過ごすことができました。お花畑では、人間たちが夢中になって花の写真を撮るなかで、ミツバチはせっせと花粉を取っていました。
今回藤原宮跡には初めて行ったのですが、 季節ごとに菜の花、コスモス、キバナコスモス、ハスなどを見ることができるのだそうです。季節が変わったらまた訪れたいなと思いました。

コスモスとミツバチ

サマソニ・耳鳴り・暑さ対策

今年のお盆休みは、妻とサマーソニックに行ってきました。前日の台風の影響で会場の設営準備に影響が出て、観たかったアーティストの公演のいくつかがキャンセルになり残念でしたが、他のお目当ての公演も観れて楽しむことができました。

野外フェステイバルということで、暑さ対策には気をつけて服装や飲み物など、十分準備していきました。一日中外にいると汗をかく量がすごかったです。想像以上に喉が乾き、用意していったお茶や経口補水液だけでは足りず、会場でも飲み物を購入しました。

あるアーティストのライブを観るために会場で待っていると、開始直前になって、そのアーティストのTシャツを着た観客二人組が会場から出ていくのを目にしました。きっと楽しみにしていたはずなのに、一人が具合の悪そうな顔をしていたので、熱中症になったのかもしれません。

日陰でぐったりしている人もたくさん見かけました。かくいう私の妻も途中具合が悪くなりそうになったので、日陰で長く休憩をとりました。フェスに限らずこの時期は、予想以上に体力を消耗しますので、しっかり栄養・水分補給などの暑さ対策をしっかりして乗り切りましょう。

対策といえばもうひとつ。音楽用の耳栓を持っていきました。音楽を聴くのが好きで、学生の頃はよくライブやコンサートに行きましが、いつも悩まされたのがライブ後の耳鳴りと難聴でした。ライブ直後は高揚感もあって耳鳴りすらも心地よく感じたものですが、翌日になっても耳鳴りが収まらないのには閉口しました。やっぱり耳に良くないよなあ、と思っているうちに段々と音の大きなライブに行かないようになりました。

ところが去年、久しぶりにロックのコンサートに行く機会がありました。耳鳴りのことを思い出し、ちょっと嫌だなと思っていたのですが、ふと数年前に見かけた写真のことを思い出しました。それは、海外でヘッドホンをつけてロックコンサート会場にいる小さな子供の写真で、ヘッドホンのように見えたのは大きな音から耳を保護するためのもので、推奨されているという記事でした。そのことを思い出して調べてみると、私がコンサートによく行っていた頃にはなかったと思うのですが、今では割とポピュラーになっていて、大人用にも耳栓型のものが比較的安価に購入できることが分かりました。

ロックコンサートの音量は120dBを超えると言われます。120dBはジェット機のエンジンの近くにいた時の音量だそうですから、本当に大きな音です。それ以上の音を長時間聞きつづければ、必ず耳にダメージを与え、聴力低下につながります。音楽用の耳栓は、普通の耳栓とは異なり、音質の低下を最小限に留めたまま音量だけを下げるというものです。物は試しと購入したものは、約19dBほど遮音するということでした。19dBでどれほどの違いがあるのかと思いますが、実際には結構違います。使ってみると、気になるほどの音質の低下は感じず、十分楽しめました。コンサート後の耳鳴りも起こりませんでした。

こちらの記事によると、2016年に行った研究で、平均25歳の51人の大人に対し、25人に耳栓 (18dBの騒音低減) を付け、残りの26人には耳栓を付けずに4.5時間の野外コンサート後の聴力を比較したところ、一時的な難聴を経験したのは、耳栓を付けたグループで8%、耳栓をしなかったグループで42%だったそうです。耳鳴りはそれぞれ12%と40%だったということです。

購入した音楽用耳栓は、サマソニでも活躍して耳鳴りなしで1日過ごすことができました。耳鳴りの不安から解消されることで、またライブに行きたいなという気持ちにもなりました。耳を保護して音楽を楽しむことができる耳栓。オススメします。