カイロプラクティックについて知られていない14の事実

カイロプラクターで神経生理学者のHeidi Haavik博士は、カイロプラクティックの効果について科学的研究を行っているこの分野の第一人者といえる方です。彼女による啓蒙ポスター「14 Facts You Did Not Know About Chiropractic」には、カイロプラクティックに関する最新の知見などが簡潔にまとめてあります。カイロプラクティック・ケアとはどういうものなのかを知る一助となる素晴らしい内容なので、皆さんにも是非読んでいただきたいと思いました。そこでHaavik先生に許可をいただきましたので、ここに翻訳して掲載いたします。

14 Facts You Did Not Know about Chiropractic
14 FACTS OF CHIROPRACTIC CARE By Heidi Haavik PhD

1職業としてのカイロプラクティックが生まれてから120年ほどになりますが、カイロプラクティックの基礎となる原理自体は新しいものではありません。事実、古代ギリシアや他の古代文明においては、脊椎アジャストメントが医療の一形式として用いられていました。西洋医学の父ヒポクラテスは、「身体構造は医学の基礎である」と述べ、健康における脊椎の重要性について詳しく語っています。

2世界には、約100,000人のカイロプラクターがおり、16ヶ国に40校を超える学校があります!

3カイロプラクターは手当り次第に背骨を調整しているわけじゃないんです!もしあなたがカイロプラクターのもとを訪れたことがあるなら、彼らはあなたの背骨を触診したり、動かしたり、時にはあなたの筋肉の強さがどの程度なのか筋力を検査したり、背骨を押して痛い箇所があるか確認したり、いろいろなことをするのに気づいたことでしょう。最終的に、彼らは調整する脊椎分節を慎重に選択します。カイロプラクターが調整すると決めた脊椎分節は、押してみると筋肉が緊張していたり過敏になっていることがしばしばです。(1,2)そして、その関節には異常な動きが見られます。(3,4)とりわけ、これらの異常は、私達カイロプラクターが椎骨サブラクセーションと呼ぶものの存在を示しています。(5,6)

4脊椎分節が適切に動かない、つまりカイロプラクターが言うところの椎骨サブラクセーションの状態にあるとき、脳が他のすべての感覚情報を認知し応答する過程に、それが実際に影響を与えるようです。(7)

5背骨が正しく動かないときは、脳は背骨で何が起きているのかが見えなくなるのだと考えられます。なぜなら、背骨(椎骨)が正しく動かなければ背骨のすぐそばにある小さな筋肉があまり動かなくなるからです。この小さな筋群は、たくさんの運動センサーを備えているので、いわば脊椎にある脳の「目」なのです。(8-11)

6実に興味深いのは、脊椎が正しく動かない場合、これが脳による脊椎の制御に影響を与えうるだけでなく、脳があなたの腕や脚で何が起きているのかを「見る」ことにも影響を与える場合があります。つまりこれは、カイロプラクティック・ケアによってあなたがよりスムーズに動くことができるようになることを意味します!いくつかの研究では、目を閉じた状態であなたの腕と脚がどこにあるのかを、脳がより正確に認知できるようになることを示しています!(12,13)

7そんなわけで、カイロプラクティック・ケアが脊椎の機能を向上させるのは事実です。(14-19)さらにすごいのは、カイロプラクティック・ケアによってあなたの背骨が動きやすくなるだけではなく、あなたの腕や脚の協調性も向上するのです!(12,13)

812週間のカイロプラクティック・ケアは、あなたが肉体的に具合が良くなる助けにもなります!ある研究によれば、3ヶ月間のカイロプラクティック・ケアは、対照群と比較して被験者の健康に関連した生活の質(健康関連QOL)の身体的側面を改善させました。(13)

9 12週間のカイロプラクティック・ケアは、地域在住高齢者の転倒リスクに関連する感覚運動機能を向上させることも示されています。これは、カイロプラクティック・ケアが老人による転倒の数を減らすのに役立つことができることを意味すると言ってもよいでしょう。またこの結果は、わずか3ヶ月間のカイロプラクティック・ケア後に、被験者自身が身体的な生活の質の向上を体感したことも示しています。(13)

10そのうえ、カイロプラクティック・ケアは、子供や乳児にとっても安全なのです!子供と乳児のカイロプラクティック・ケアが有害事象と関連することはほとんどありません。それが起きるときはいつも、施術後に伴う短期間の筋肉痛です。研究者は、若い患者に有害事象がどの程度起こるのかを、乳児と子供に対するカイロプラクティック・ケアに関連して発表された全ての文献を再調査しました。(20-22)

11カイロプラクティック・ケアは赤ちゃんの夜泣きを減らす助けとなることも示されています!あるランダム化比較試験では、10日間のカイロプラクティック・ケアにおける乳児の夜泣き時間に対する影響について調べたところ、カイロプラクティック・ケアを受けた赤ちゃんの夜泣き時間は、対照群のそれよりもはるかに短くなりました。(23)ケアを受けた赤ちゃんの夜泣き時間はおよそ半分に減少し、ケアを受けなかった赤ちゃんと比較して、10日後の平均は1時間半少ないことがわかりました。その他複数のランダム化比較試験でも、カイロプラクティック徒手療法は乳児の夜泣きを改善させることが示されています。(24-26)夜泣きに悩む親は、カイロプラクティックを試してみることを考えるべきです。なぜなら、それは赤ちゃんとその家族にとって本当の違いを生み出す可能性があるからです。

12脳に話を戻すと、カイロプラクティック・ケアは、脳から筋肉への情報の送り方を変化させることが、いくつかの研究で明らかにされています!(27-28)従って、この研究は全て、カイロプラクティック・ケアがあなたの脳と体のコミュニケーションを向上させて、あなたの体で何が起きているのかを脳がもっと認識することで、体をより良くコントロールできる助けとなることを示めしていると思われます。

13ひとつの研究では、カイロプラクティック・ケアがあなたを強くするとさえ示しています!(29)驚くことに、この研究で観察された中枢神経系での変化は、別の研究で示された3週間の筋力トレーニング後の変化にとても良く似ているものだったということです。(30)それは、カイロプラクティック・ケアが脳と脊髄に強力な変化を起こすことを示唆しています。

14カイロプラクティックの脳への影響を調べた最近のある研究では、カイロプラクターが機能不全の脊椎分節を調整したときには、前頭前皮質と呼ばれる脳の部位に大きな変化が起こることがわかりました。(31)

By Heidi Haavik PhD Haavik Research

文献

  1. Degenhardt et al. J Am Osteopath Assoc. 2005;105(10):465-473.
  2. Schneider et al. JMPT. Jul-Aug 2008;31(6):465-473.
  3. Cooperstein et al. J Can Chiropr Assoc. Jun 2013;57(2):156-164.
  4. Cooperstein et al. Journal of Chiropractic Medicine. 2010;9(3):99-106.
  5. Henderson. J Electromyogr Kinesiol. 2012;22(5):632-642.
  6. Owens E. J Can Chiro Assoc. 2002;46(4):215-220.
  7. Haavik & Murphy. J Electromyogr Kines. October 2012 2012;22(5):768-776.
  8. Boyd-Clark et al. SPINE. 2002;27(7):694-701.
  9. Kulkarni et al. Neuro India. 2001;49:355-359.
  10. Cooper & Daniel. Brain. 1963;86:563-594.
  11. Amonoo-Kuofi. J Anat. 1983;136(3):509-519.
  12. Haavik & Murphy. JMPT. 2011;34:88-97.
  13. Holt et al. JMPT. 2016; 39(4):267-78.
  14. Martinez-Segura et al. JMPT. Sep 2006;29(7):511-517.
  15. Nansel et al. JMPT. 1991;14(8):450-456.
  16. Nansel et al. JMPT. Feb 1992;15(2):99-105.
  17. Schiller. JMPT. 2001;24(6):394-401.
  18. Wood et al. JMPT May 2001;24(4):260-271.
  19. Yeomans. JMPT. 1999;15(2):106-114.
  20. Alcantara et al. Explore (NY). 2009;5(5):290-295.
  21. Todd et al. JMPT. Oct 30 2014.
  22. Doyle. Clinical Chiropractic. 2011;14(3):97-105.
  23. Miller et al. JMPT 2012;35(8):600-607.
  24. Wilberg et al. JMPT. 1999;22(8):517-522.
  25. Hayden & Mullinger. Complement Ther Clin Pract. May 2006;12(2):83-90.
  26. Olafsdottir et al. Arch Dis Child. Feb 2001;84(2):138-141.
  27. Haavik Taylor & Murphy. Chiro J Australia. 2007;37:106-116.
  28. Haavik-Taylor & Murphy. JMPT. 2008;31(2):115-126.
  29. Niazi et al. Exp Brain Res. 2015;233:1165-1173.
  30. Vila-Chã et al. J App Phys. 2012;112(1):54-63.
  31. Lelic et al. Neural Plasticity 2016: 3704964